TOP 過払いについて

過払い

多重債務の問題が社会問題になったこともあり、過払い請求もたくさんの人に認知されるようになりました。過払い請求とは過去に払い過ぎている利息を返還請求することです。

最近では、多くの人が過払い請求をしているので、消費者金融などの債権者の支払い能力が低くなってきています。

支払い能力が無いと、過払い金返還が決まっていても実際に返還されることがありません。
また、過払い返還をしたいが、債権者が倒産しているケースも少なくはないようです。

支払い能力が完全になくなる前に思い当たる人は早く手続きをした方が良いでしょう。
返済期間が長期間に及ぶ場合や高額な利息を払っている人は専門家に相談し、対応しましょう。

過払い金を債務整理して任意売却してしまいましょう

借金の返済に困っている場合には債務整理を検討してください。

過払い金請求をすることによって、払い過ぎたお金を戻してもらうことが可能となっています。さらに、現在保有している不動産を任意売却する方法もあります。そうすれば、債務の整理が速やかに進んでいくでしょう。

最初にしなければならない事は、最寄りの弁護士に債務整理に関する相談をすることです。借金問題に真剣に取り組んでいる弁護士であれば、あなたのトラブルについて親身に相談に乗ってくれます。無料で過払い金についての問い合わせができる法律事務所を選ぶと良いでしょう。

司法書士にも依頼可能な借金相談、過払い

司法書士や弁護士が専門に取り扱わっている借金相談は、インターネットで無料相談をしている機関や法律事務所も多く、依頼する費用を気にしている方でも気兼ねなく利用できます。返済方法や過払い金に関する相談を進めていくうちに、返済に関する対策が困難であることが判明した際には、債務整理の手続きが進められることもあります。

個人的に勧められる手続きではあるものの、法律専門家へ依頼をすることで、よりスムーズに対処されるケースも多く、借金問題に関する悩みやストレスを増やさずに、借金に関した問題で素早く解決を目指すことができます。

借金相談、過払いと司法書士にすると

借金相談を司法書士にするといくらくらい費用がかかるものなのでしょうか?相談する内容にもよって異なりますが、基本的には報酬金と雑費が請求されることになります。報奨金というのは例え場過払い金の場合には、実際に返金になった金額の中の何パーセントを報奨金としてお支払いするというものになります。

また雑費、交渉のためにかかった交通費や飲食代、書類作成の費用のことです。雑費は依頼する件数が多くなればなるほど高くなりますし、依頼する日にちが伸びれば伸びるほど上がっていく項目になります。司法書士の支払いについては分割も可能ですので、相談してみましょう。

140万円までの借金相談、過払いなら司法書士へ

司法書士が借金相談をおこなえるのは、本来裁判所へ提出する書類作成を代行しているため、裁判所へ申請をだす自己破産や個人再生の手続きはもともと可能なものでした。そして新たに認定を受けた司法書士だけが、過払い金請求の際におこなわれる簡易裁判所での代理訴訟が認められるようになったため、現在弁護士と全国規模で無料相談を行っています。

簡易裁判所の利用には訴額が140万円までという決まりがあり、扱える借金は一案件で140万円までということになります。また任意整理においても過払い金がともなえば請求することも可能ですし、債権者との交渉ですむため十分活躍できるのです。

過払い請求についての説明

過払い請求についてですが、消費者金融などがグレーゾーン金利を利用して、利息制限法の上限を超えた利息を取り続けていました。そして、多重債務の問題が社会問題にもなっています。

消費者金融などから借金をしていた人が、業者に対して払いすぎていた利息を業者から返還してもらうことができます。対象となるのは、2008年12月以前に借りていた人や、借金の完済から10年以内である人です。返還の方法としては、弁護士や司法書士の人に依頼するのが一般的です。過払い請求によって借金を完済できたり、大幅に借金の額を減らせることがあります。

多重債務者は過払い請求を調べた方がいい

借金をしている人は、周りが見えなくなります。お金を借りている会社が複数ある多重債務者の場合には、借金の返済に夢中になるあまりに、本人が気づかないうちに過払いになっていることがあります。期限内に手続きを取れば、過払い金を請求できます。

そのまま放っておいても借り主側から連絡されず、敢えて教えずにいることがほとんどです。きちんと過払い請求をすることで、返済する額を減らすことができますし、返済から数年間経過していてもお金が返ってくることがあります。そのためには、弁護士事務所を通じて過払い金請求をしなければいけません。そうすることで、初めて金融会社が認めて、お金が戻ってきます。

過払い請求をできる案件と時効

借金の返済のために法定外の多額の利息を支払ってしまったとき、過払い請求をすることが可能です。複数の金融業者から多重債務していた場合など、返ってくる金額はバカになりません。それでは、いつまで遡って請求できるのでしょうか。

最後に取引してから10年となっています。借金を全額返済している場合は、完済した日から、返済中の場合は最後に返済もしくは借りた日(入出金日)からそれぞれ10年とされています。時効前で実際に過払い請求できる案件があったとして、自分で請求も可能ですが、処理が煩雑なので、弁護士に相談した方が楽です。

司法書士に相談する過払い請求

金額が小さい場合には、過払い請求の相談先として司法書士を選択する事もできます。司法書士は身近な法律家として活躍していますので、過払い請求などちょっとした問題でも相談しやすいという事が考えられます。

もちろん、司法書士も法律家ですので、過払い請求についても、しっかり対応してもらう事ができます。また、金額は大きくなくても、過払い請求を弁護士に相談したいという人はそれも問題ありません。

金額が小さい場合には、過払い請求について相談する法律家を選ぶ事ができます。知り合いに法律家がいる場合などには、その人に持ち掛けてみる事もできます。ベストな法律家を見つけ解決を目指しましょう。

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

MENU

TOP 過払い 過払い請求 過払い大阪 司法書士 債務整理 マイカーローン 弁護士

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題相談についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題の内容以外の問い合わせはこちら