債務整理をしたら返済は必要?

債務整理には大きく分けると、任意整理・民事再生・自己破産があります。

任意整理は、将来利息をカットすることが出来るため、毎月支払うお金を減らすことが可能になります。ただし、元本そのものは無くならないことに注意です。

民事再生は、借入金を法律で定められた額まで減らす事ができます。住宅などの財産を手元に残したままでよいという利点があります。しかし、減額されて残った借金は、必ず返済しなければなりません。

自己破産は、全ての借金を帳消しに出来るため、その後の返済義務が無くなります。デメリットとしては、家や車等の財産を手放さなければなりません。債務整理を選ぶ時は、自分の状況に合わせたものを選択するようにしましょう。

債務整理は法律を利用して借金を解決する方法

債務整理は借金問題を解決するための手法の総称で、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産と言う4つの方法が用意されているのが特徴です。

任意整理は利息制限法や出資法の2つの法律を利用し、借金を減額する債務整理で、個人再生は再生法、自己破産は破産法など、異なる法律を利用するのが特徴です。

個人再生の場合は、再生計画書を裁判所に提出を行い、裁判所が許可を下した場合、借金は最大で5分の1まで減額になりますが、自己破産の場合には破産法に基づき、裁判所が免責許可を下す事で、今までの借金全てがゼロになると言った特徴を持ちます。

債務整理後の人生はどうなる?

債務整理を行うと、その方法にもよりますが借金がなくなったり、その返済額が大幅に減ることとなります。そのため、いつも借金のことが頭にあるというような人生を送っていた方にとっては金銭的だけではなく精神的な負担を減らすことができるというメリットがあります。

一方で債務整理を行うと5~10年程度は新たな借入を行うことができなくなるというデメリットがあります。例えば、クレジットカードやローン、リースなど審査が必要な借入です。ただ膨れ上がった借金によってこうなってしまったということを見つめ直すいい機会として考えれば、人生をやり直すという意味でもデメリットとはいえないでしょう。

多重債務の方が進められる任意整理、債務整理

多重債務に悩む方が、借金の問題を解決させようとする場合、全額の返済が困難な状況に陥ってしまっているケースも多く見受けられます。弁護士や司法書士への相談を通じて、債務整理の手続きが行われることもあります。

借入先である金融会社との直接的な交渉が行われる任意整理であれば、裁判所への手続きを行う必要もなく、話し合いによる速やかな解決が見いだせることもあります。借金の計画を立て直すことで、より自分の思い通りの生活を取り戻せることができると同時に、より大きなストレスを抱えずに借金問題に対処することができるでしょう。

多重債務も解決できる任意整理、債務整理

複数の記入会社から借金の借り入れを行っている多重債務に悩む場合、多く見受けられるケースとして、完全な返済が困難な状況に陥っていることもあります。債務整理によって問題解決を目指す事もあり、裁判所への掛け合いが必要とならない任意整理の手続きをまず初めに検討する方も多く存在しています。

借入先である金融会社との直接的な交渉が行われることになるため、弁護士や司法書士を通じて手続きを進める方が、より速やかに対処できることがほとんどです。また、手続きが始められる時点で、借入先の金融会社へも通知が届き、督促などを止める事ができます。

多重債務の場合に必要な債務整理

多重債務などに頭を悩ませる方の場合、完全な返済が既に困難な状況へ陥ってしまっているケースも多く、弁護士や司法書士への相談から債務整理の手続きへ進められることもあります。

金融業者と直接的な交渉を進める任意整理、裁判所からの判断によって借金額が減らされる民事再生、裁判所への深刻によって借金額が帳消しとなる自己破産など、複数の方法が存在しており、一人ひとりの環境や状況に合わせた対処が必要です。また過払いの有無についても着目しながら手続きを進めることも重要です。速やかな相談が、よりスムーズな解決へと繋がります。

債務整理の関連記事

債務整理についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題相談についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題の内容以外の問い合わせはこちら