司法書士でも和解交渉ができる

借金問題で、和解交渉の代理人となるためには、弁護士資格が必要になります。しかし、認定を受けた司法書士なら、140万円以下の借金について、代理人となって交渉をすることができます。

過払い金の返還請求も、140万円以下ならできます。司法書士に借金相談をすることのメリットは、弁護士に依頼をするケースよりも料金を節約できるということです。

また、弁護士は都市圏に集中しているので、地方に住んでいる人は司法書士しか相談先がないということもあるでしょう。借金問題は、放置していると悪化してしまいます。なるべく140万円を超える前に、専門家に相談をしましょう。

過払い請求をした後は任意整理と民事再生どちらになる?

過払い請求をした後、借金がすべて完済できていたなら、債務整理をする必要はありません。その場合、デメリットなしで借金問題を解決できます。

過払い請求をした後も、借金が残っていた場合には、任意整理をするケースが多いでしょう。しかし、任意整理では利息と遅延損害金を免除してもらえますが、元本はいっさい免除されません。

借金の金額が大きい場合には、民事再生や自己破産も検討しなければなりません。いずれにしても、まずは弁護士や司法書士に相談をしてみましょう。勝手に債務整理をされることはないので、相談をするだけならデメリットはありません。

任意整理による過払い請求は郵送で!

任意整理の方法ですが、これといった決まりはありません。弁護士や司法書士に依頼することもあれば、自分で金融業者と示談をするということも可能です。

過払いがあれば、その金額を返済に充てることもでき、完済後であれば返金されることになります。ですので、過払いが発生している可能性があるなら、任意整理をするのがおすすめです。その際に重要なのは、郵送で書類を送付することです。電話でも可能ですが、その場合、証拠が残りません。「言った、言わない」と後で揉めないためにも、すべてを郵送にし、書類として残すようにすることが重要です。

借金相談、過払いは代理訴訟が行える司法書士へ

代理訴訟がおこなえる司法書士であれば、借金相談にも対応できます。過払い金があれば請求し、裁判所での代理訴訟が可能となります。また自己破産や、民事再生法、任意整理にも対応していますので、一人ひとりに適した債務整理を提案してくれます。

弁護士と比べれば、まだ身近な存在で相談しやすいかもしれません。 また、依頼費用も安いというイメージを持たれている方も多いようです。ですが、安さだけを掲げて追加費用がかかるケースがありますから、費用については具体的に確認することをおすすめします。また複雑な借金である場合なら、2度手間にならないように直接弁護士へ相談するのがおすすめです。

借金相談、過払いには司法書士も多い

特に街の相談会では、弁護士だけでは相談できる人が多くないと判断しており、司法書士も相談の対応をしています。借金相談をする時、弁護士ではない人が対応するケースもありますが、行える手法は大体同じと考えていいです。

できないのは過払い金の請求額が決められている程度で、それ以外の問題は相談すれば解決方法を出してくれます。しかも解決しやすい方法を多く取ってくれますので、弁護士と同じように困っている部分を変えられるのです。できることならどんどん相談して、司法書士でもいいから借金から開放されるための方法をお願いしてください。

司法書士の関連記事

過払い請求や債務整理を扱う司法書士についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題相談についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題の内容以外の問い合わせはこちら