過払い請求対策~Regain it~ へようこそ

家族の借金に対して過払い請求を行う事ができるかどうか

自分ではなく家族がしていた借金に対して、過払い請求を行う事ができるかどうか知りたい人もいるでしょう。

借金をしている本人が過払い請求を行う事ができればいいのですが、何らかの事情で難しいという事も考えられます。実は家族が本人に代わって手続きを行い、返済してもらうと言う事は状況により可能な場合もあるそうです。

本人が自分で手続きを行いたいという気持ちが全くない場合や、本人の健康状態に問題があってどうしても難しいという場合、そして債務者が亡くなった場合には、本人に代わって過払い請求を行う事ができる場合が多いそうです。しかし、基本的には本人でないとできないことですので、詳しい事は法律の専門家でないとわからない事も多い様です。

過払いについては弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

過払い請求は依頼事務所をしっかり吟味しよう

最近テレビやラジオのCMで耳にする機会も増えた過払い請求ですが、実際に過払い請求の依頼をする際は、慎重に事務所を選ぶことをおすすめします。何故なら、手数料としてかかる金額が事務所によって大きく差が出るからです。

依頼する事務所を、大手事務所、一般的な事務所、良心的な事務所の3つに分けたとしましょう。大手事務所は、基本報酬や諸費用等でその他2つにくらべ高い可能性があります。逆に良心的な事務所の場合は、基本報酬や諸費用等にお金がかからないという事務所も存在します。金額が大きくなる多重債務者の方は特に、依頼する事務所でかかる費用をしっかり比較して事務所選びをすべきといえるでしょう。

身近な弁護士事務所、法律事務所をお探しなら、市川にお住まいなら「市川 弁護士」、船橋にお住まいなら「船橋 弁護士」とgoogleやYahooで検索してみてください。

払い過ぎた利息は過払い請求で還付できます

以前から、過払い金問題のCMをよくやっており、見たことがある方も多いかと思います。過払い金の何が問題かというと、法律で定める利息よりも多くローン会社等が取っていたというところです。

そのような多重債務の過払い金を取り戻す方法が過払い請求です。専門の弁護士や司法書士等に解決を依頼し、条件が整えば払い過ぎた利息を取り戻すことが出来ます。 まずは、最寄りの弁護士事務所や司法書士事務所に相談してみてはいかがでしょうか。依頼を受けてもらえることが出来れば、残りは専門家がローン会社等から払い過ぎた利息を取り戻してくれます。

過払い請求と時効過払い請求を弁護士依頼したら
過払い請求と時効自分に当てはまるケースで考える

借金相談を気軽にできる司法書士

司法書士事務所の中には、消費者金融会社などに対して、過払い金請求などを行うことを業務として行っているところもあるので、借金相談を気軽にすることができます。

一人で悩んでいても解決することが難しい問題ですが、法律の専門家にアドバイスを貰いながら、相手と交渉をすれば解決につながっていくことでしょう。

司法書士事務所によっては無料相談に応じているところもあるので、無計画なキャッシングの利用などが原因で返済に困って苦しんでいる時には一度相談してみると良いでしょう。着手金などもとらず、返還されたお金から支払うことができる事務所もあります。

司法書士が代理人になれるのは?

司法書士でも、認定を受けていれば、140万円以下の借金の任意整理や、140万円以下の過払い金の返還請求ができます。弁護士に依頼をするよりも安くなる傾向があることが、メリットです。

司法書士が代理人になれるのは、簡易裁判所までなので、争いが発展して地方裁判所に持ち込まれると、弁護士に依頼をしなければならなくなります。相手によっては、その弱点につけこんで、争いを発展させようとする人もいるので、相手が徹底的に争う姿勢を見せていたら、最初から弁護士に依頼をしておいたほうがよいでしょう。

しかし、基本的には過払い金請求や任意整理は司法書士に依頼をしても大丈夫です。

司法書士の仕事について

会社設立から、墓場まであらゆることは司法書士に相談! 司法書士の仕事について。

借金相談、過払いは司法書士にすればいいのか

司法書士事務所が、以前に比べて身近な存在になっています。自宅近くでも見かけることがあるのではないでしょうか。法律の専門家としても知られる司法書士には、借金相談もできます。多重債務者がどのように困難な状況を打破できるのか、それぞれのケースに応じて対応してくれます。

どのような理由から借金をしたのか、それは人それぞれでしょう。初めは、本当にどうしようもないという理由だったのかもしれません。しかしながら、借金は借金でしかありません。特に、貸し金業者から借金すると、金利もかさみます。借金を返済できれば、過払い金の請求にもつなげられるかもしれません。

司法書士でも和解交渉ができる債務整理をしたら返済は必要か
借金免除される金額と債務整理司法書士に訴訟は依頼できるか
債務整理でも知られたくないなら任意整理消滅時効に注意したい債務整理

多重債務などにおける任意整理、債務整理

債務整理の中でも、裁判所への手続きや申し立てが全く必要のない任意整理は、借金の返済に頭を抱える方と、借入先である金融会社との間で交渉が行われることで手続きが進められます。

個人的に問題を解決させることも不可能ではないものの、金融会社が速やかに対応してもらえないケースも多く、弁護士や司法書士が介入しての問題解決が目指されるケースも多く存在しています。

無料での相談業務が取り扱われていることも多く、費用が気になる方にとっても利用しやすいシステムが設けられている他、多重債務の方などが困った時の頼りになる存在としても活用されています。

多重債務で債務整理を依頼する利点について

複数の借り入れ先があり、返すあてがなくなった場合には債務整理を相談する必要があります。直接面談することに躊躇しているなら、電話やメールでも対応していますし、24時間体制で土曜日や日曜日も相談できます。

無料相談ですから、フリーダイヤルであれば料金は一切かかりません。多重債務者に有りがちな、再び新しく借金をつくって返済したとしても、何の解決にもなりません。さらに新しい借金を増やすだけになってしまうのです。相談し今後のことを依頼すれば、今催促されている電話や書類などすべて止めることができますし、現状の借金を法的に対処できれば、今後の人生を建て直すことができます。

ローンについてはここ。

債務整理の無料相談窓口

多重債務者は、クレジット会社や消費者金融など複数の貸金業者からお金を借りていて、返済に追われ続けている人のことをいいます。全国的にみても、そのような状態に陥っている方は多くいます。

多重債務の解決法に自己破産がありますが、申し立てる人の原因としては、借金業法で規制対象外になっている銀行カードローンを利用している方が急増したことが背景にあると推測されています。新たな多重責務の温床となりつつある銀行カードローンの利用者に加え、潜在的な多重責務の人も全国にたくさんいると考えられ、弁護士による債務整理が必要とされているようです。

マイカーローンの融資額軽自動車のマイカーローン

浮気離婚慰謝料の手続きの進め方

浮気離婚慰謝料を請求するためには、時として複雑な手続きが必要となることがありますが、数々の問題を解決するために、プロの弁護士に対応をお願いすることがとてもおすすめです。

最近では、浮気離婚慰謝料の請求を代行してくれる法律事務所の役割について、多くの消費者からの期待が寄せられており、短期間のうちに依頼先を見つけることが良いでしょう。また、具体的な手続きの取り方についてわからないことがある場合には、同じような立場の人の成功体験談をチェックすることで、すぐさま役立つ知識を身に着けることができるようになります。

浮気による離婚について

浮気が原因で別居、そして離婚、浮気離婚慰謝料は?

浮気が原因で別居、そして離婚に至るケースが少なくありません。浮気が原因で離婚に至るようなケースでは、通常浮気離婚慰謝料を請求することができます。

浮気離婚慰謝料の金額は50万円~300万円前後が相場となっていますが、財産は半々で分けることになります。浮気をした相手に財産を半分取られるのは許せないかもしれませんが、法律で決まっているのでどうしようもありません。

せめて、浮気離婚慰謝料だけでも最高額を勝ち取りたいものです。そのためには、こちらに落ち度はなく、相手が100%悪いことが証明される必要があります。

法律における司法書士と弁護士の違い

近年にテレビコマーシャルで見る司法書士事務所と弁護士の違いは何でしょうか。

一般的に司法書士は、裁判や登記の際に必要となる書類の作成をしてくれる人のことで、裁判の際に助けてくれたり、相手方との仲裁に入ることはできません。

これはそれぞれの社会的立場が法律的に定義されており、弁護士のみ裁判の際に発言できたり、相手方との仲裁や示談を行う権利を有しています。法律の内容があまりわからない人が、法律問題や相手との示談が必要な場合には弁護士に依頼すると、必要な書類の準備はもちろん、さまざまな法律的手続きも代行してくれますので、相談してみると良いでしょう。

弁護士になるための試験

弁護士になるためには、司法試験に合格しなくてはなりません。司法試験には、短答式試験と論文式試験があり、これらは同時期に行われます。司法試験の合格率は、毎年20パーセント程度で推移しています。

かつての司法試験は、合格率数パーセントの超難関試験だったのですが、司法制度改革によって現在の司法試験制度に切り替わって以降は合格率が高くなり、難易度が低下しています。その内訳は、短答式試験で例年65パーセント強、論文式試験で30パーセント強となっています。短答式試験を合格した人のみ、論文式試験の採点が行われます。この司法試験を合格した者のみ法律事務所を開設することができます。

弁護士になるためにはどうしたらいいか

弁護士は、華やかなイメージがあり、収入も高額なことから、人気の職業のひとつにあげられます。仕事に就くには、まず司法試験に合格することが必要となります。法科大学院を卒業し、予備試験に合格して司法試験に臨むというのが一般的な流れです。

合格率は約20パーセント強という、最難関の試験です。司法試験に合格したら、法律事務所などに在籍して経験を積み、一人前の弁護士を目指していきます。ある程度経験を積んだのち、法律事務所を開業する人もいます。法律に深く関わる業務で、責任も重いですが、その分やりがいがあって得られるものも大きい仕事です。

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

千葉地方裁判所・千葉家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/chiba/

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-11-27

JR総武線・内房線・外房線千葉駅から徒歩15分
津田沼駅から2駅で千葉駅
船橋駅から3駅で千葉駅
市川駅から4駅で千葉駅
京成千葉線千葉中央駅から徒歩8分

MENU

TOP 過払い 過払い請求 過払い大阪 司法書士 債務整理 マイカーローン 弁護士

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題相談についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題の内容以外の問い合わせはこちら