司法書士への相談窓口は無料相談会がお勧め

司法書士に借金相談などで話しをしてみたいときに、どうすればいいのか分からない場合があります。

この場合は、司法書士会が定期的にあるいは不定期で開催している無料相談会を利用するのがよいでしょう。借金の問題では余りにも高額な場合は、弁護士以外は受任出来ません。しかしながら、相談窓口への敷居が高い等の理由であれば、まずこちらに相談をしてみるのも一つの手です。

債務整理なども弁護士以外で唯一受任出来るものですから、司法書士に話しをしてみるのは非常に有効となります。解決の糸口が見えてくることも多いので、早めに話しを聞いてもらうのがよいです。

借金で離婚するまえに過払い金を任意整理しよう

借金で離婚するまえに過払い金を任意整理してください。借金を抱えていることは、離婚の原因になりかねません。財産分与においても不利になりますから、なるべく早めに借金を任意整理することが大切なのです。

弁護士に相談をすれば、過払い金訴訟の代理人になってくれます。

本人でも訴訟を提起することができますが、やはり弁護士に任せたほうが得策でしょう。弁護士だけでなく、司法書士にも依頼することができます。まずは、どのくらいの過払い金があるのかを資産してみるとよいでしょう。専門家のサポートを最大限に生かしてください。

嫁にバレないように過払い金を任意整理しよう

借金を任意整理することによって、過払い金が戻ってくる可能性があります。この過払い金返済の手続きは、裁判所に訴訟を起こす必要があります。本人訴訟を提起することが可能ですが、ほとんどの場合、司法書士や弁護士に代理人になってもらいます。そうすることによって、専門家の知恵によって過払い金が戻ってくるのです。

もちろん、司法書士や弁護士はプライバシーは守ってくれますから、嫁にバレたくないという願いも叶えてくれます。最初に、プライバシーをどの程度守ってくれるのかを確認してみるとよいでしょう。

司法書士や弁護士は他の人には知られないように手続きを進めていきます。

過払い請求で取り戻す多重債務の金利

過払い請求は多重債務に苦しんできたほど実行するべき、当然の権利です。きちんと返済を続けてきた人の多くは、これまで不当に高額な金利を支払ってきました。法律の改正や周知の徹底が図られたことこそ、真面目に支払いを続けてきた人には朗報に他なりません。

金融機関に対して申し立てを行うには、法律の専門家に依頼するのが、もっともスムーズな方法です。中でも、きちんと面談してくれるプロフェッショナルの存在ほど、頼もしいものはありません。無料相談なども活用しながら、過払い請求を成功させて、多重債務による不利益を挽回していきましょう。

過払い請求と多重債務は少し違う

基本的に、過払い請求と多重債務は少し異なります。多重債務によって借金の返済が滞っている人は、それを救済するための法律的な手続きとして、債務整理という手段を利用することが認められています。

一方で、過払い請求というのは、債務整理を利用する点では同じなのですが、請求すると相手から金銭の返還を認めさせることができる点に大きな違いが存在します。過払いは、本来ならば消費者金融側に金銭の受け取りの権利がない部分のお金の返還を求める権利です。そのため、過払いに関しては債務整理を利用したとしても金銭の返還を求めることが可能です。

司法書士の関連記事

過払い請求や債務整理を扱う司法書士についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題相談についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題の内容以外の問い合わせはこちら